2017年09月18日更新

保湿&体臭対策にも使える!夏のメンズおすすめのボディクリーム&ボディローション

ボディクリームを使用するのは女性が多いイメージですが、最近では男性も使っている人が増えてきました。
お洒落な男性が年々増えてきて、男性コスメの種類も多くボディクリームに関しても沢山の種類が販売されています。

ボディクリームを使う時期というと冬場の皮膚が乾燥している時期によく使われていますよね。では、夏場はどうでしょうか。

肌にうるおいを与え乾燥させないために塗るボディクリームは、夏場の時期には必要ないようにも思うのですが、じつは夏場もボディケアはしたほうが良いんです。
しかしやっぱり暑い時期にベタベタするようなものは使いたくないと思う男性は多いはず。

今回は夏場でも使いやすいボディクリーム・ボディローションついて紹介していきます。

Hatenabookmark logomark

2491view

1. 保湿+αで選べるボディクリームの嬉しい効果

Embed from Getty Images

ボディクリームは主に体全体にうるおいを与え、保湿効果を目的として使うクリームのことをいいます。

そのため、ボディクリームに配合されている成分は、、セラミドやワセリン・油性成分(オリーブ油・シア脂)・水溶性成分(コラーゲン・ヒアルロン酸)などの保湿成分がメインになっています。
クリームの種類は、保湿成分の配合により異なり、固めのクリームタイプから乳液タイプやジェルタイプまであり、テクスチャーもさらさらタイプからしっとりタイプまで選ぶことができます。

近年では、ボディクリームも進化し、「保湿効果&美白効果」「保湿効果&引き締め効果」などといったように、保湿をメインにプラスアルファで他の目的も一緒に叶えてくれるものも多くあります。
そんな中でもメンズに人気なのが「香り」の良いボディクリームです。

「ボディケアと併せてさりげなく良い香りを身にまといたい」「香水が苦手だけれど匂いケアをしたい」といったニーズから、保湿成分はもちろん、香り成分がたっぷり配合されているボディクリームがメンズコスメブランドからも次々に登場しています。

年齢を重ねると乾燥の季節などに体のかゆみなどが気になり、ボディクリームを使い始める男性は多くいますが、今はそんな男性も自分のニーズに合わせて様々な選択肢からボディクリームを選ぶことができるんです。

2. 夏場にボディクリームは必要?

Embed from Getty Images

ボディクリームの一番の役割は、やはり乾燥した肌の保湿。
そのため、「乾燥する時期だけ使えば良いのでは」と考えてしまいがち。

しかし、夏は気づかないうちに肌が乾燥していたり想像以上に肌のダメージを受けているため、ケアをしておかないと乾燥する季節の肌の荒れやかゆみの原因にもなりかねません。

夏場に起きる、乾燥と肌のダメージの原因3つ

1. クーラーと汗
夏は高温多湿なので乾燥していないと思いがちですが、それは屋外に限った話で、部屋の中に一歩入ると室内には必ずといって良いほど冷房がついていますよね。

男性の多くは、移動中や仕事先、帰宅してから睡眠中も冷房の効いた環境にいる人も多いのではないでしょうか。

冷房の効いた場所の空気は乾燥しており、部屋にいるだけで皮膚から水分を奪いとってしまいます。そして屋外では大量に汗をかくので、汗と一緒に肌の水分も蒸発してしまいやすく肌は乾燥してしまいます。夏場の肌は知らず知らずのうちに乾燥している場合がとても多いんです。


2. 紫外線
夏場の強い紫外線に当たると肌は想像以上に傷んでしまいます。特に、肌のバリア機能・角質層に影響がでるため、水分を保持する働きが弱り水分不足の肌になってしまいます。


3. 洗いすぎ
暑く汗をかきやすい夏場はシャワーの回数も増えてしまいがち。その度にボディソープや石けんで洗うと、肌に必要な皮脂まで過剰に取り過ぎてしまい乾燥を引き起こします。さらに、ベタつきが気になりゴシゴシ洗ってしまうことも皮膚を傷つけて肌荒れと乾燥の原因になります。

そういったことから夏場でも保湿は重要になってきます。

傷ついた肌をそのままにしておくと乾燥は進み、ガサガサになってしまいます。夏場の肌は乾燥しやすく負担もかかるため、健康な肌にするために「保湿」はとても大事なんです。

3. 夏に使えるボディクリームの選びかた

夏場でも保湿が大事ということをここまで説明してきましたが、乾燥に悩む冬の季節に使っているボディクリームは高保湿で少しベタつきが気になるし、やっぱり抵抗があるといった男性は多いはず。

そこで、夏場に使うボディクリームを選ぶ時のポイントをいくつか紹介しておきたいと思います。

サッパリした使い心地を選ぶ

夏に使うボディクリームを選ぶときの1番のポイントは何といっても「サッパリ感」ですよね。

ベタツキのあるボディクリームは冬場には良いですが、夏場はできるだけサッパリした爽快感があるものを選ぶようにすると、気持ちもリフレッシュでき夏場も継続して使うことができます。

紫外線対策で選ぶ

夏場の紫外線は強く、肌にダメージを与えます。そのため、夏場のボディクリームを選ぶ時には、紫外線の影響を考えて選ぶのも良いでしょう。美白効果の高い成分(ビタミンC誘導体・アルブチン・ハイドロキノンなど)が配合されているボディクリームを選ぶと、紫外線で受けた肌を改善することができます。

ニーズに合わせて成分をチェック

ボディクリームには、保湿成分の他にも用途に合わせて配合されている成分が変わってきます。上で紹介している紫外線対策もそうですが、他にも露出の増える夏に嬉しい引き締め効果や香りに対応しているボディクリームも多く発売されているので、自分のニーズにあわせて選ぶとよいでしょう。

体臭対策効果で選ぶ

夏の肌の乾燥以上に分かりやすい男性の夏場の悩みといえばニオイ問題ではないでしょうか。夏場には大量に出る汗が菌を発生させ身体から不快なニオイをさせてしまうことも。

特に男性は皮脂が多いため、皮脂と汗が混じりニオイが発生してしまいやすいんです。そんな時は、ボディクリームに臭いケア成分が配合されているものを選ぶと保湿ケア&臭いケアもできるので一石二鳥です。

4. ボディクリームは夏に使いたくない!という男性には、ボディローションがおすすめ

Embed from Getty Images

ボディクリームと同様に体の保湿ケア目的で使用されているのがボディローションです。

ボディローションをわかりやすく表現すると、体につける化粧水のようなものです。ボディローションは水分量がとても多いので、使い心地がサッパリしています。夏にボディクリームは気が進まないけど保湿はしっかりしておきたいという人にはボディローションがおすすめです。

ボディクリームとボディローションの違い

■配合されている油分と水分の量
ボディクリームとボディローションには、油分と水分が配合されているバランスに大きな違いがあります。
ボディクリームは油分が多く水分が少ない一方、ボディローションは、水分が多く油分が少ないのが特徴です。


■保湿力と持続性が違う
ボディローションは水分が多いものの、蒸発しやすいため保湿効果はボディクリームと比べると低いです。逆に油分の多いボディクリームは蒸発をほとんどしないので、保湿効果がとても高いんです。
そのため、持続性もボディクリームはお風呂上がりに塗って半日~1日ほどは塗りなおしは必要ありませんが、ボディローションの場合は、数時間単位で塗りなおす必要があります。


■テクスチャーの違い
ボディクリームのテクスチャーは、油分が多いので固めの仕上がりになります。そのため体に使う時には少し摩擦がかかります。一方、ボディローションは水分が多いので、伸びもよく塗りやすいので使い心地は多くの男性にとって好みかもしれません。


■香りの違い
ボディローションは水分を多く含んでいるので、香りも淡く優しいものが多いので香水の代わりにといった使い方は少し難しいですが、ボディクリームは身にまとう香りとして重視する人も多いので、濃くそして華やかな香りのものも多くあります。

ボディクリームとボディローションの大きな違いは、油分と水分の違いです。この違いが、保湿力と持続力・テクスチャーに影響を与えています。
保湿効果をより実感したい人や香水代わりとしても使いたいといった男性には夏場もボディクリームがおすすめで、ベタつきがとにかく苦手で夏場だけはサッパリ使いたいという男性にはボディローションがおすすめです。

ボディローションの上手な使いかた

下ではボディクリームと併せて、おすすめのボディローションも紹介しているので、ここでボディローションの上手な使いかたも軽く紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。


●ボディーローションは、ボディクリームの下地として利用するのもおすすめ。先にボディーローションを塗ることで、肌に水分を与え次に塗るボディクリームが肌に浸透する働きをサポートしてくれます。

●ボディローションは水分が多いため、肌に水分を与えるのには最適です。ただ、蒸発率が高いため1日に何度も塗りなおす必要があります。そんな時は、ボディローションをスプレー式のディスペンサーに移し、外出時に持ち運び使うようにするといいでしょう。

5. 夏場にもおすすめのボディクリームとボディローション7つ

Adf33f11 f2fa 4c5c ace7 7721b8c98bfe

詳細情報

ブランド
PROUDMEN.(プラウドメン)
価格
3,024円
主な効果
保湿効果、体臭対策、フレグランス効果

メンズコスメの中でも人気のブランド「プラウドメン」。

その中でも夏場にピッタリのボディクリームが「グルーミングバーム グリーンウッドの香り」です。グリーンウッドの香りは、夏場にピッタリの爽やかな香りで、暑苦しい雰囲気を爽やかな雰囲気へと変えてくれます。

首筋・脇など夏場に気になる部分にひと塗りするだけで、保湿効果&汗の臭いも軽減し、帰宅時まで香りが持続してくれます。

S599 01

詳細情報

ブランド
STEAMCREAM(スチームクリーム)
価格
1,782円

夏の暑い時期に大人気のボディクリームが「スチームクリーム(ハッカ)」です。

高温のスチームを活用した製法で作られたクリームは、軽い付け心地で肌馴染みも抜群です。

主成分は肌の優しさを考え、良質な植物由来の天然成分を使用しています。
そして、夏の清涼感に拘り、和漢ハッカのL-メントール成分を加え、冷感作用を引き起こし、暑い夏を涼しく快適に過ごせるようにしています。

香りも厳選したエッセンシャルオイルをブレンドし、男性が好む爽やかな香りになっています。

41i0ohhwtml

詳細情報

ブランド
DHC(ディー・エイチ・シー)
価格
1,620円
主な効果
全身の保湿・スキンケア効果

DHCから発売されている「オールインワン モイスチュアジェル」は、ひげ剃り後のケア、スキンケア(化粧水・乳液・美容液・クリーム)そしてボディケアまでできます。

夏の紫外線や紫外線で起こる肌トラブルをクリアにし、乾燥のない潤った肌へと導いてくれます。手に取り出すとプルプルの緑色のジェルがアロマティックシトラスの香りと一緒に漂ってきます。ジェル状なので、角質に浸透するのが早くベタツキを感じることがないので、夏場の肌にピッタリのボディクリームです。

815fzncghfl. sl1500

詳細情報

価格
1,620円
主な効果
保湿効果、体臭対策、エイジングケア

体臭ケアしながら肌に潤いを与えエイジングケアまでしてくれるのが「DiNOMEN デオケアクリーム」です。

体臭ケアには、「カキタンニン」を配合しているので、香りで臭いを誤魔化すのではなく根本から臭いを取り除いてくれます。また、保湿成分の「フローレン・コエンザイムQ10」を配合し、乾燥のない潤いのある肌へと仕上げてくれます。

保湿ケア&エイジングケアまでしてくれるボディクリームです。

31m3oluy0yl

詳細情報

ブランド
ミューラグジャス
価格
2,678円
主な効果
保湿効果、美白効果

ミューラグジャスのボディクリームは、オーガニック成分が配合されているボディクリームです。

その成分の中には、スクワランをはじめとした保湿成分、更に、α-アルブチン・プラセンタエキスの美白成分も配合されています。

伸びのよいクリームなので、肌にスッと伸び浸透力も早いのでベタツキは一切感じないのですが、しっかりとした保湿感があります。夏場の強い紫外線にあたった肌ケアには最適なボディクリームです。

41a%2bkc%2bpvnl

詳細情報

ブランド
ボトコラックス
価格
864円
主な効果
保湿効果、体臭対策

「ボトコラックス ブラック ハンド&ボディクリーム」は、乾燥肌対策、ベタつく肌対策、そして臭いケアもできるハンド&ボディクリームです。

配合している成分(カキタンニン・プラチナ・銀・緑茶エキス)が臭いを取り除き、ヒアルロン酸とコラーゲンが肌を保湿してくれます。サッパリした使い心地なので、夏場のベタつく肌にピッタリです。

41jwpmj6nrl

詳細情報

ブランド
M-mark(Mマーク)
価格
1,512 円

ほんのり柚子の香りがする夏にピッタリのボディクリームです。

成分には保湿成分グリセリンとシアバター・カルナウバロウを配合しています。

乳液のようなテクスチャーなので、伸びもよく角質層までしっかり浸透し保湿してくれます。肌の内部はしっとりしているのに、肌の表面はサラッとするのが特徴なので、夏場のベタつきやすい男性の肌にもぴったりの商品になっています。

31ipmc1fzhl

詳細情報

価格
11,880
主な効果
保湿効果、フレグランス効果

人気フレグランスブランド、Jo MALONE(ジョー・マローン)のボディクレームです。

男性の愛用者も多く、香水が苦手でも使えるようなさりげない上品な香りです。ジョー・マローンのつくる香りは、単体でも魅力的ですが、複数の香りをブレンドして楽しめるようにもデザインされているので、重ねづけでオーダーメイド感を楽しむことができます。

保湿効果と併せて良い香りを重視したいといった男性におすすめです。香りは、紹介した人気のブラックベリー&ベイの他にも20種類近くあるので好みを選んでみてはいかがでしょうか。

6. おわりに

紫外線などの外部刺激は夏場のほうが強いので、夏は気づかないうちに肌トラブルが起こりやすい時期でもあります。
高温多湿の夏だからといって何もしないと、男性も肌の悩みや見た目の老化につながってしまいます。さらに夏場は汗などによるニオイも気になる時期ともいえます。

そんな複数のトラブルに効果を発揮するアイテムとして、ボディクリームやボディローションは夏も活躍してくれます。
夏でも使用できるサッパリとした香りや使い心地のボディクリーム・ボディローションを使用して、乾燥対策だけでなく紫外線ケア、臭い対策までまとめてしてしまいましょう。

Hatenabookmark logomark